ニュース

△ 一覧へ


2016.04.04.

骨軟部肉腫に対する医師主導型治験のご紹介

三重大学 珠玖洋先生を中心とした研究グループによる、医師主導治験を実施しております。

本治験はPhaseⅠの段階ですが、治験製品(TBI-1301)と類似製品の海外臨床試験において、滑膜肉腫患者に対して高い奏効率(61%)を示したことが報告されており、腫瘍抗原NY-ESO-1が高い発現率を示す悪性軟部腫瘍において、有望な新規治療法となる可能性が示唆されております。

患者様に新たな治療法をお届けするためにも、当該治験の症例候補となる患者様をご紹介下さいますよう、お願い申し上げます。

TBI-1301の治験概要はこちらよりダウンロードできます。


△ 一覧へ

最新ニュース