ニュース

△ 一覧へ


2017.01.30.

鹿児島大学医師主導型治験へのご協力のお願い

鹿児島大学整形外科 小宮節郎先生を治験責任医師としたグループで行っている医師主導治験についてのお知らせです。

本治験薬は腫瘍溶解性ウイルスであり、カルタヘナ法の規制を受けるため、現在の第I相試験では鹿児島大学の単施設試験で行っています。
組織型を問わず、治療抵抗性の骨軟部腫瘍を対象としています。
腫瘍内注入のプロトコールであり、体表からアクセス可能な再発腫瘍や転移巣が適応です。
また転移性骨腫瘍も対象に含めております。


対象となる患者様がおられましたら、ご連絡をお願いいたします。
治験概要はこちらよりダウンロードできます。


△ 一覧へ

最新ニュース